45歳真夏の大冒険 連載1

毎日暑いです。
この暑さを感じると5年前の休業閉店時を思い出します。
ちょうど今頃の夏休み前に閉店しました。
最終日にはまるでドラマの最終回のように今までのお客さんや知り合いが続々とあいさつに来てくれました。
魚も水槽も什器さえも全部きれいに売り切り、もちろん借金もなく、良い人たちに恵まれなんて幸せな終わりだろうと仕事冥利に尽きたものです。
その日の夜は気分とは裏腹に今まで経験したことのない強烈な足のつりがありました。
それもいい思い出ですが、全力の硬直が10分ほども続き足がちぎれるかと思いました。
閉店後、まず一番の大仕事が130cmのピラルクを水族館に輸送プロジェクトです。
良い個体なので水族館に営業をかけて成立したんです。
しかも輸送もやるという条件で。
ピラルクの輸送はとても難しく業者でも苦労します。
一応僕も元魚の輸送屋です。画期的な方法を実行し、そして成功しました。
とても良い経験をさせてもらいました。
その後も猛暑の中何度もシャワーを浴びながら店の後片づけをし、そして本当のエンディングを迎えるのでした。
水槽のあった場所と歩いた部分がコンクリートにくっきり跡が残っていて涙もんでした。

その後、あえて次の仕事も決めないまま2ヶ月無職を楽しもうと思い、これがまたこの歳にして最高の青春のような思い出です。
その中でも一番のイベントが小笠原に行ったことです。
経営中はどうしても行けなかったのですが、今こそ行こうと。
しかもしがらみのない無職の状態の今こそ。
小笠原は船でしか行けないため最低でも一週間必要なんです。
家族を連れての大冒険でした。
小笠原丸が出港する時大きな汽笛を鳴らすんです。
それが自分の今の状態にはまりすぎて感動しました。
ドキドキとワクワク。これからどうなるのか。まさに船出。
小笠原旅行で一番思い出深いのは何気にこの時です。
そして旅を終え東京湾に戻ってきた時も、「さーて、頑張らなくちゃなー。大丈夫かなー」と、レーシングカーのアイドリング状態みたいな気分でした。
そして就職し新しい生活が始まります。
続く・・・。

休業中の4年間の出来事を時々連載していこうと思います。
独りよがりですが少し付き合ってください。

イヌザメ騒動

当店で以前から在庫してるイヌザメの卵があります。
来店して実際に見た方はその不思議な姿に驚いたと思います。
これが本来は海底に産み付けられているわけです。
実際に孵化して出てくるには2ヶ月ほどかかります。
中の稚魚の動く姿が、かすかに透けて見えてとても神秘的です。
先日、いつも元気に動いてる稚魚が動いてないんです。
透かして動かしてよーく見ても動きません。
あれ、死んじゃったのかな?って、死ぬわけないんだけど。
でも動かないから、死んじゃったんだと思いしょうがなくはさみで切って出しました。
と思ったら、動き出して生きてました。
生きてんじゃん!って。
戻したいけどそうもいかず、隔離のケースに入れて水槽に戻しました。
元々これで行けるのもわかってたんですけどね。
でもやっぱり本来のままで展示しときたいですもん。
今は良く見える透明なケースの中で前より元気に動いてます。
広いし良く見えるし大丈夫みたいです。
ただ神秘的感はだいぶ無くなりましたが。

釣り人の夢ロウニンアジ

ロウニンアジという魚を在庫してます。
この魚は知る人ぞ知る釣り人には憧れの超大型魚です。
GTと言った方がもっとわかるでしょうか。
入荷時、3cmほどでガリガリでとても心配でした。
この魚は入荷が稀なので、リスク覚悟で仕入れるしかないんです。
しかも似た魚も多く、幼魚のうちは本物のロウニンアジかどうかもあいまいです。
でも賭けで仕入れます。
頑張って手厚く管理して、今はばっちり仕上がりました。
しかも感じからして今回のは本物のロウニンアジのようです。
餌を食べる時の飛びつきはすごいです。
まさによく釣り番組で見る、ルアーを追いかけ迫って来るあの感じです。
でも泳ぎはうまいみたいで、空間認知度は高そうです。
壁に突進とかはなさそうで、意外と飼いやすそうです。
ロウニンアジを釣るという夢をかなえた人は少ないと思いますが、飼ったことがある人はもっと少ないと思います。
そう言えばもう一つの釣り人の夢の魚、ターポンもいます。
この2種で混泳したらすごいです。
この夢のモンスターを所有したい方は、挑戦してみてください。

看板を描きました


そういえば店が分かりにくいな、と思い魚の看板を書いて飾ろうと思いました。
まあ実は前から絵を書いてみたいなとは思っていたんですが、今回必要に駆られて書こうと思いました。
絵は子供の頃から好きでしたが、もちろんただ好きなだけでしょせん素人です。
しかも大きな絵を描くのは今回が初めてです。
絵って大きくなるほど難しいと思うんです。
しかも看板なので、通りからわかりやすく、良い絵を。
まあまあ頑張って書きました。自信作です。
なぜ僕が魚の絵が描けるかというと、当時授業中ずっとノートや教科書に書いていたからです。
勉強と引き換えに得た技術です。
そう言えばあのさかなクンも勉強が苦手で絵がうまいんですよね。
どっちが役に立つかは自分次第ってことです。
今後もう一枚描く予定なんですが絵は芸術なので、気持ちが盛り上がったら取り掛かることにします。   

イモリの産卵

アマミシリケンイモリが入荷しました。
シリケンイモリと言うイモリの仲間ですが、それの奄美大島産です。
沖縄産が普通によく入荷しますが奄美大島産は初めてじゃないでしょうか。
どうせならペアで仕入れたいと思い選んできたんですが、見た感じどれもオスみたいでした。
持って来てからすぐにそれが卵を産みました。
あれ?メスもいたんだ。と思い、でもふ化はしないだろうな。なんて思っていたらふ化もしました。
相変わらずわからない事が多いなー。と思います。
産卵方法も特殊みたいで、条件が合わないと採卵は難しかったかもしれません。
イモリの仲間(ウーパールーパーとか)は単純そうに見えて実は想像を絶する生態を持っています。
雌雄の判別法も一言では語れない奥深い条件が関係します。
僕はブリーダーにはなれませんが偶然でも殖えるとうれしいもんです。
生まれた子たちが普通に育つか、だめか。
それもまた解らないとしか言えません。

雑誌に紹介されました

現在出版されている熱帯魚雑誌の1番の老舗「月間アクアライフ」があります。
僕も少年時代から購読し、とても永くお世話になっている雑誌です。
そのアクアライフの今月号(3月号)に当店が紹介されています。
以前の店舗の時にも一度取材を受けたことがあるんですが、その時と同じ方が来店し話が出来た事がうれしかったです。
色々な話を聞いてもらい原稿はお任せです。
出来上がった原稿に対してこちらからは一切手直しはしませんでした。
他人から見た客観性こそが真実だと思うので。
まあ悪く書かれることはないでしょうが、それはそれで受け止める覚悟です。
一番苦労したのは笑顔の顔写真。
写真で笑顔をするのが本当に苦手で、何度かやり直しました。
自分では結構笑ってるつもりなのに、見ると1ミリも笑ってないんです。
やはり雑誌に載る以上は、嘘でも親しみ易そうに見せないとね。
得てして人は見た目と逆と言う事は経験上よく心得ています。
なので今回は、その逆の逆の逆を狙ってみました。


4年振りの印象

当店開店して約3ヶ月経ちますが以前との違いなど、気になった事を少し。
店舗に関しては1年目なので新発見だらけです。
まず初めての冬に入って、とにかく結露がすごいです。
熱帯魚屋には結露は避けて通れませんが、前の店よりも激しいような気がします。
まあこれは想定内。程度の問題です。
熱帯魚の入荷状況は意外に変わってないと思います。僕好みの魚もちゃんとぼちぼち来てます。
新しい店なのに、皆さんに「懐かし~」って言われます。内容が変わってないからですね。
爬虫類は以前に比べて人気が上がったように思います。
特に小中学生女子に人気です。
ただ輸入禁止になった種類やめちゃくちゃ値段が上がった種類などは爬虫類には多いです。
残念な事です。これ以上楽しみを奪わないでほしいです。
海水魚は、業界全体で流通量がかなり減ったように思います。
問屋各社も慎重に手堅く輸入してる感じです。
その結果どうなったかというと、集めるのは大変ですが魚の状態は良くなりました。
それはお客さんにも魚達にもうれしいことだと思います。
当店の再開に反応して以前からの付き合いの業者さんたちが続々と連絡をくれます。
問屋、業者はみんな変わらず頑張ってました。
こんな景気だから辞めちゃった所もあるだろうと心配してましたが、ほぼ全部変わらずありました。なんかほっとしました。担当者も変わらず全員いたりして。
結局何が変わったかというと、4歳年をとっただけと言うわずかな変化でした。
意外とそんなに変わらないもんだし、変わっちゃ困ります。
この4年間はうたた寝してちょっとリアルな夢を見ていたようなもんでしょうか。


初ブログ

皆さん初めまして。そしてお久しぶりです。
4年前に突然閉店を思いつき、一度業界を完全に離れることを決断しました。
また必ず戻ってきますと約束したものの何の保証もなく本当に閉店し、自分自身も相当な不安と覚悟を持って実行しました。
何より今思うのは、「あ~よかった。戻ってこれた。」と言うことです。
この4年間は人生のおいてとても貴重な時間でした。
話したいことは山ほどありますが、それはおいおいこのページでお伝えできたらと思ってます。
まずは新店舗の紹介をしなくてはね。
まあしかしやってることは以前と同じです。
在庫の感じも変わってないので、場所が変わったくらいと思ってくれればいいです。
しいて言えば以前の大水槽がまだないです。
それはかなりの不覚ですが予算がなくて作れませんでした。
でもあきらめた訳ではないです。まだ夢は残しておくと言う事で。
今のところ以前の店からのお客さんが多いですが、記憶力が悪いもんで覚えてない方も多いです。
しかし僕の記憶力は瞬発力がないだけで話してる内にじわじわ思い出すタイプです。
なので諦めずに話してもらえたら助かります。
この4年で飼育をやめちゃった方もいるかもしれませんが、それは別として遊びに来てくれたらうれしいです。
以前と変わらない相変わらずな、新しい店を見に来てください。

アクアランド熱帯系 再始動!

2002年から15年間、同じ野田市内でお店を営業してきましたが、充電と修行のため2017年に一時閉店しました。
そして、この度4年ぶりに同じ野田市内の光葉町で再開いたします。

熱帯系は熱帯魚、海水魚、爬虫類、両生類、金魚、メダカ、水草、水槽、器具、その他各種生物取り扱い、安心のプロショップです。

ぜひご来店ください!